愛を込めて花束を。プレゼントするならドライフラワーブーケがおすすめ【悩める男性必見】

皆さん、プレゼントは得意ですか?

両親、家族、親友など感謝の想いを伝えたい人はたくさんいるとは思いますが、そんな中でも特にプレゼントをする機会が多いのは、奥様や彼女さんなどのパートナーではないでしょうか。

誕生日や記念日をお祝いしたいけど、プレゼントのネタが尽きて悩んでいる…。私を含め、そういう男性は多いと思います。

今回はそんな悩める男性陣に向けて、万能なプレゼント『ドライフラワーブーケ』を紹介します。もちろん生花の花束も素敵ですが、ドライフラワーをオススメするのには理由があります。

ぜひプレゼントの参考にしてみてくださいね!

この記事は、次のような方におすすめ
  • もうプレゼントのネタが尽きた人
  • センスがなくていつも絶望している人
  • メインに添える、サブのプレゼントを探している人(控えめの値段で)
プリティ マーメイド
¥6,930 (2024/05/12 07:12時点 | 楽天市場調べ)
目次

プレゼントのネタが尽きた・・・

誕生日、付き合った記念日、結婚記念日など、いろいろな記念日がありますが、さすがにプレゼントのネタって尽きるもの・・・。笑

洋服、アクセサリー、家電など、あなたのパートナーが欲しいモノが特定できていたり、自分がプレゼントしたいモノが決まっているのであれば、迷わずそのアイテムをプレゼントすれば良いんですが、難しいのは特に欲しいモノ・あげたいモノの候補がない場合です。

そんな状態で無理矢理プレゼントを選んで贈るのも何だかもったいないと思いませんか?

ちなみにkonkonの場合

私たちの場合は、無理にプレゼントはせず、次回にキャリーオーバー(繰り越し)することにしています。中途半端なモノをいくつか貰うよりも、本当に欲しいモノを1つ貰う方が何倍も価値があると考えています💡

とはいえ、誕生日や記念日などに何もプレゼントしないのも味気ないですよね。そのため、メインではないけれど、愛情や感謝の気持ちがしっかり伝わって相手にも喜んでもらえる絶妙でセンスのあるプレゼントが必要になるわけです。笑

花束をプレゼントする男性は少ない

言うまでもなく、花束は王道のプレゼント

例えば、アクセサリーやバックなどもプレゼントになることが多いですが、自分自身で購入することもありますよね。その一方で、普段生活していて花束を自分で購入したり、貰ったりすることは滅多にありません。そういう面から見ても花束は特別感のあるプレゼントなんです。

そんな花束ですが、プレゼントする男性は少ないようです。他のプレゼントよりもカッコつけている気がして恥ずかしい、その気持ちも分かります!笑

ですが、プレゼントする男性が少ない=花束をもらうことは特別で貴重な体験とも言えますよね。

実は面倒くさい?
花束をもらう側の意外な本音

渡すのは恥ずかしいけど、花束をプレゼントされて喜ばない人はいないと思っている男性諸君。

実は「嬉しいけど、ちょっとだけ面倒くさい」と感じている人もいるようです。

① 花瓶を持っていない人も多い

花束は自宅に持ち帰るとフラワーベース(花瓶)に飾ることになりますが、花瓶を持っていなくてどう飾るか悩んだ経験がある人も多いようです。

プレゼントした日に、2人でフラワーベースを買いに行くのも良いですね!

② お手入れが面倒くさい

せっかく綺麗な花束をもらっても、上手に飾ってまめに水替えをしないと、すぐに枯れてしまいます。

花を生ける習慣がない人や、ズボラな性格の方からすると、その後のお手入れが面倒くさいなと感じる方もいるようです・・・笑

ドライフラワーブーケの魅力

ここまで花束の魅力を語ってきましたが、今回おすすめしたいのはドライフラワーブーケ』です。

なぜ生花ではなくドライフラワーなのか、ここからはその理由を紹介します。

① 生花よりも気軽にプレゼントできる

ドライフラワーは少しこなれてお洒落な印象なので、変にカッコつけた感じがしません。男性もプレゼントしやすいです。

今回は、奥様のイメージした青紫の色味のブーケ

ただし、色がアースカラーでプレゼントとしては地味になりがちなので、華やかな色味のフラワーが組み込まれているものを選ぶと良いですよ。

② フラワーベースが無くても飾れる

生花と違って水をあげる必要がないので、必ずしも花瓶に入れる必要はありません。そのまま飾ったり、ハンギングするだけでもお洒落なので、貰った方もラクですね。

普通の生花を飾るよりもオシャレな雰囲気になりますよ。

③ 長期間楽しめる

ドライフラワーにも寿命はありますが、生花よりも確実に長期間楽しむことができます。

我が家の場合、プレゼントして2ヶ月以上経っていますが、まだまだ綺麗な状態を保持しています。

④ 好きなタイミングで準備できる

生花の花束は、どうしてもプレゼントする当日に調達する必要がありますが、ドライフラワーは長期保存が可能なので、事前に購入しておくことができます。

最近はネットで購入する人も多いようです。お相手に合うブーケをゆっくり選べるのは良いですよね~!

普段忙しい方でも自分の好きなタイミングで準備できるので、プレゼントする側にとっては大きなメリットですね。

結び:花束を添えて想いを伝えよう

プレゼント選びが苦手だという人も多いですが、「大切な人に絶対喜んでもらいたい」という想いがあるからこそ、悩んでしまうのだと思います。

もしも、パートナーに感謝や愛情を伝えたいと思っているのに、プレゼント選びが苦手なせいでその気持ちを伝えられていないのだとしたら、ぜひこの記事を参考にドライフラワーブーケ』を贈ってみてください。

きっと、2人の特別な一日に花を添えてくれるはずです。

プリティ マーメイド
¥6,930 (2024/05/12 07:12時点 | 楽天市場調べ)
konkon
モノブロガー
2022年に結婚した新婚夫婦。
インテリアにこだわり続けて10年目。家具・家電・雑貨など実際に愛用している『ときめくモノ』の魅力を発信しています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次